読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有田川町石垣中学校演奏会

阪南室内合奏団、私とその仲間たちによる演奏会、
今年で10回を迎えました。
諸般の事情から、来年からは、公的なホールでの開催が決まり、
石垣中学校での演奏はこれが最後。
感慨深い本番になりました。

演奏会は賑やかで、ヴィオラの濱本実加さん、クラリネットの井上春緒さんに、
ヴァイオリンの明楽香名子さんも加わり、アンサンブルやソロなど、
さまざまな組み合わせで演奏しました。

私のソロは、アンサンブルのリハーサルが延びたため全く出来ずで緊張しましたが、
毎度本当にいい雰囲気のお客様の中、乗り切ることが出来ました。

最後のリクエストコーナー
「花は咲く〜北国の春〜魔王〜エリーゼのために〜ほか(忘れた)」は、
本当に危ない橋を渡りましたが、なんとかメドレーになり、
盛り上がりのうちに終わりました。

これからホール開催になっても、この雰囲気のまま演奏出来たら…と本当に思います。

関係者の皆さんありがとうございました!

特に、最後のオーナーの言葉「万感の想い」という日本語が、
今でもじーんと心に残ります。