読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6日土曜日は…

マリンバの後藤ゆり子さん、落語の桂九雀さんとのコラボレーションコンサートでした。

「小倉船」という上方落語の中に、お囃子としてクラシック音楽を挿入したり、
マリンバとピアノで名曲メドレーを演奏したりと、
いつもとは違うスタイルで演奏させて頂きました。

打ち合わせはなかなか大変でしたが、
後藤さんが、しっかりとプラン組みをして頂いたお陰で、
私はうまくそれに乗れて演奏出来たと思っています。

特にラプソディ・イン・ブルーは、
マリンバとピアノの双方の長所を出すことができたいいアレンジ、
演奏であったと感じています。
後藤さんありがとう!私も音楽づくりや編曲について、
ところどころ我がままを言わせて頂いた箇所もあります。
ごめんなさい。
お互いの意見をうまくミックスしたラプソディであったと思っています。

特にメドレーのつなぎ方については、
音楽を知っている方とあまり知らない方では、感じ方が違います。
ある程度のフレーズを聴かないと曲を理解できない方がたくさんいらっしゃることを、
近年数多くのリクエストコーナーをこなしながら再確認しました。
これからもメドレー演奏をする時には肝に命じておきたいと思っていますし、
後藤さんの音楽ライフにもさらにプラスになるかもしれません。

九雀さんが本当にいい語り口で会場の雰囲気わ和らげてくれました。

本当にいい経験をさせて頂きました。ありがとうございました。