読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビームムジカアンサンブル演奏会

大変ではありましたが無事終わりほっとしております。
関わらせて頂いたすべての皆さん、本当にありがとうございました。
モーツァルトのヴァイオリン協奏曲を指揮し、
ラフマニノフの2番の協奏曲を弾き振りしてきました。

ラフマニノフはテンポの揺れ幅が大きく、弾き振りするのはやはりきつかった。
本来身体を動かさずに弾きたいところで、
オーケストラにきっかけを出さないといけないところが多数あります。
身体をコントロールすることに必死でした。

オーケストラの皆さんは、
見事なまとまりで私の音楽に対応して頂き本当に感謝です!

コンチェルトではありますが、少人数になるところでは、
さまざまなパートさんとセッションが出来て、とても幸せな気分でした。

昨日私を出迎えてくれたピアノさん、調律も違う方だったこともあり、
なかなかのやんちゃな音をしておりました。
音づくり(とくに弱い音)には苦労しましたが、
今回のホールで鳴り響くオーケストラサウンドに勝負出来るには
あれぐらいやんちゃな方がいいかも…と、
とにかくスタミナ配分に注意して、演奏にのぞみました。

今回のホールでいつもお世話になるスタッフさん、
そして今年もいくつもの演奏会でお世話になった
(いやまだ今年関わって頂く本番が残っている)
裏方さんに見守られ、ついつい演奏会エンディングを仕切ってしまい、
最後にみんなで「ふるさと」まで即席でオーケストラ伴奏で
全員合唱してしまいました。


ご迷惑かけていたらごめんなさい。


また思い出に残る本番ひとつ増えました。

ありがとうございました。