4月2日ガットネロ

今回は、「前奏曲[プレリュード]」にターゲットを絞り、ショパンドビュッシーラフマニノフ、そしてバッハのプレリュードを演奏させていただきました。

ソナタなどに比べ曲が短く、それぞれ曲が自由に書かれている分個性がはっきりしています。ですので、曲によって、また作曲家によっての切り替えが大変でありました。

しかし、あたたかく熱心な雰囲気のお客様に支えられ、無事終了することができました。

これから六月の30周年演奏会に向けて、ピッチを上げて頑張っていきます!

感染が拡大し、大変ななか、演奏会に協力いただいたお客様、ガットネロのオーナー松浦さんに感謝です!

3月28芦屋サロンクラシック

3月28日、雨男のジンクス!まあそんなにひどくなくてよかったですが・・

前半バッハ、後半ムソルグスキー、アンコールはお馴染みリクエスト・・

濃密な時間でした。

ムソルグスキーに関しては、久しぶりに大曲を演奏できる喜びを感じました。ベートーヴェンなどとはちがうダイナミックなスケールが要求される曲。しかしサロンというホールとはちがう空間での表現には大変気をつかいましたが、お客様の空気を味わいながら、緊張感をもちつつ楽しく演奏できました。

さらに繊細な表現を磨きつつ、頑張りたいと思います。

3月24日ロジカ

久しぶりの泉南市ロジカでのコンサートでした。

前半でムソルグスキーラフマニノフショパンなどを演奏し、後半のリクエストで楽しく・・と思っていたら甘かった!!

リクエストコーナーで、ショパン英雄ポロネーズ、バラード二曲、ドビュッシーモーツァルトガーシュウィンなどにシャンソン、もちろん歌謡曲など、とてもハードな半時間リクエストコーナーでありました。

ロジカでは、いつもお越しいただけるお客様もいらっしゃれば、はじめてのお客様もいらっしゃいます。ありがたいことです。きょうもはじめてのお客様がおられ、大変喜んでいただきました。

すべての出会いを大事に、これからも頑張っていきます!

NHK西宮ガーデンズ

私は「楽しい女声コーラス」講座のピアノを担当していますが、3月23日に、 無観客発表会を開催しました。

指導の中島恵美先生のあたたかいお人柄そのものの演奏でした。

木下牧子さん作曲の「月の角笛」という曲集を中心に、歌謡曲を織りまぜたプログラム。

本来は昨年の今ごろにお客様を入れて発表会をする予定だったのですが、コロナ感染拡大で延期に。

今回無観客でモチベーションが心配でしたが、みなさん本当に真剣に取り組んでいただいた感じがします。

私のソロ(ショパン)、「さとうきび畑」を演奏された中島先生のソロも、合唱のみなさんのいい意味での緊張感 をいただいて、中身の濃密な演奏になったと思います。

いやあ、やはり本番は大変ですが充実感ありますね!

高槻市北清水公民館

3月18日、晴天に恵まれた朝、公民館講座として、私が演奏するクラシックピアノコンサートを開催していただきました。

お客様は感染対策もあって30人に制限され、少し寂しい感じかと思っていましたが、スタッフの方の手作りのプログラム、会場きれいに飾られたお花、そしてスタッフのみなさんのとてもあたたかい雰囲気に、お客様の顔も晴れやか!明るいムードのコンサートになりました。

コンサートは、モーツァルトベートーヴェンショパンなどから、ラフマニノフガーシュウィンまで幅広い作曲家の作品をお聴きいただきました。

そしてリクエストコーナーも、歌謡曲からショパンまで、ジャンルを問わないリクエストをいただき、緊張しつつですが、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

改めて、ライヴの魅力を感じた本番でした。

12年前に同じ会場で私の演奏を聴いていただいたお客様が今回も聴いていただき、「前よりかっこよくなった」とお言葉をいただいたことが何より幸せでした!(笑)

みなさんありがとうございました!

あけましておめでとうございます

昨年もいろいろありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大という、想定外の事態に全世界が見舞われました。私も大変な一年となりました。

ただ、いつもプラス志向で物事を考えなければと思っている私、今回も身体のリフレッシュや、まだ勉強したことのない曲の研究、そして何度か取り組んだ曲の復習など・・目先の収入源が失われているという不安はあるものの、それなりに有意義に時間を過ごすことができました。

現在仕事が100%戻っているわけではありません。また感染はまだ拡大の一途。不安材料は山積しています。しかし、いまこそ「音楽」を必要としている時代だと私は考えます。

「生演奏」させていただいている講座、演奏会。授業、合唱練習・・すべての場所において昨年まで得たものを十分に生かして、みなさんとともに少しでも心あたたまる、普段を忘れることができる時間を共有できますよう、身体に気を付けつつ、前を向いて歩き続けたいと思います。

ホームページのプロフィールページから、簡単に視聴できる演奏動画を少し増やしています。またご覧いただければと思います。   

今後ともよろしくお願いいたします!

YAMAHAクリスマスコンチェルト

20日に堺市サンスクエアにて開催されました。

弦楽アンサンブルのビームムジカアンサンブルに、私とよく一緒に演奏させていただいているクラリネットの井上春緒さん中心に管楽器打楽器のメンバーが加わったオーケストラに、何人かのピアノソリストが協演する協奏曲演奏会です。私は指揮を担当させていただいています。

今回はなんと~!ソリスト全員私の生徒になりました。

その責任とプレッシャーがないわけではありませんが、それよりも知った

顔と音楽を奏でられる喜びを実感でき、リハーサルから幸せな時間を過ごすことが出来ました。

オーケストラメンバーも大半が知り合いという

安心感は大きかったです。

最後にベートーヴェンの3番の協奏曲の1楽章を弾き振りさせていただきました。

オーケストラの皆さんの集中した音色に刺激され、私もじっくりサウンドを創造することが出来たような気がします。

どの本番もそうですが、特に今年はお客様の温かい雰囲気に救われます。

私を含めソリストたちは、その雰囲気に助けていただきながら、それぞれ個性溢れる音楽を奏でられたと思っています。

本番後のお客様の反応、特にK高校の生徒をはじめとするこどもたちの反応を見るにつけ、この時期だからこそ、生の音楽を演奏する時間を大切にしないといけないと心から思いました!