いずみメールクワイアー

f:id:mi-ta-score:20170704103157j:plain

f:id:mi-ta-score:20170704103203j:plain

f:id:mi-ta-score:20170704103210j:plain

f:id:mi-ta-score:20170704103215j:plain

6月25日、弥生の風ホールでコンサートがありました。大きなホールではこれがラストのコンサートです。

今回は、応援の方に加わっていただくことになり、

プロの声楽家の方々、ほかの合唱団でご活躍の皆様にも加わっていただきました。

合唱というものは、人数が『多い』だけでは、いいものができるとは限らない。メンバーをいかに『まとめる』かが、演奏のかぎになります。

出演者がほぼ全員そろった練習が一回しかなく、その一回の練習が非常に不安で緊張いたしました。

しかし、さすが助っ人のみなさまは、私の指示や、ピアノのサウンドに見事に反応いただき、オリジナルの団員たちも、その助っ人メンバーに刺激され、本番では生き生きと歌っていただきました。

特に『水のいのち』の弾き振りは大変でしたが、本番は緊張感の中、非常に気持ちよく演奏できました。

私のピアノソロはリスト編曲のベートーヴェンの七番の交響曲でした。  

大きなステージでは初めての演奏、ハイレベルのテクニックと、強い精神力を要求されます。

久しぶりにスーツまで汗がしみでるほどの体力を使いました。

開き直りつつも、集中力をキープすることが大変でしたが、満席のお客様から拍手をいただけたときは、本当に幸せでした。

充実感あふれる演奏会でした!

岸和田高校文化祭その2

f:id:mi-ta-score:20170621070241j:plain

f:id:mi-ta-score:20170621070246j:plain

f:id:mi-ta-score:20170621070250j:plain

今回はさまざまなジャンルの曲を演奏しました。

チルコットの作品はやはりカッコいいですなあ。

NHKコンクールに自由曲で予定している作品も演奏しました。

瞬発力が課題です。

とりあえず無事終わってほっとしています。

岸和田高校文化祭

f:id:mi-ta-score:20170620155310j:plain

f:id:mi-ta-score:20170620155314j:plain

岸高の文化祭、18日に合唱部が出演しました。

文化系クラブの生徒たちは、自分とのクラスなどとのかけ持ちで大変な中、なかなか頑張ったと思います。

人数も増えて、これからが楽しみです。

一人一人がいい演奏をしたいという自覚をもって、 これからも頑張ってほしいものです。 

6月4日芦屋

f:id:mi-ta-score:20170616001958j:plain

f:id:mi-ta-score:20170616002002j:plain

f:id:mi-ta-score:20170616002006j:plain

f:id:mi-ta-score:20170616002012j:plain

サロンクラシックでの演奏会。ソプラノの高木有紀さんとのコラボレーションでした。

 私はベートーヴェンの31番を演奏させていただき、高木さんとは、中西あかね、シューベルトなどの歌曲、オペレッタなどを演奏しました。

今回演奏した曲の中では『あんこまパン』という曲が印象的でした。あんことマヨネーズ入りのパンは、実に魅力的だという内容です。

非常に難解な作品なのですが、彼女は、

正確なピッチ、リズム、そして美しい日本語で、見事に表現されました。

私も難しいピアノパートながら、楽しく演奏できました。

高木さんとは、夏もまた共演の機会があります。楽しみです!

6月2日ガットネロ

f:id:mi-ta-score:20170610175211j:plain

f:id:mi-ta-score:20170610175215j:plain

チェロの大町さんとのライヴでした。

この日はチェロの曲もピアノ曲ショパンのみでまとめました。

ピアノとチェロのためのポロネーズチェロソナタピアノソナタと、ピアニストにとってはかなり過酷なプログラムでしたが、熱心なお客様に支えられ、なんとか乗り切りました、

小さな空間で、音のバランスにも気をつかい、また音色のコントロールも大変でしたが、この日も私たち二人 で、『一期一会の音楽』をスリルを味わいながら楽しみました。

最近、ダブルたけしの演奏は『攻めの音楽』 になりつつあります。

この姿勢を失わないながら、前進していきたいものです。

ピアジュリアン5月26

f:id:mi-ta-score:20170605213749j:plain

f:id:mi-ta-score:20170605213753j:plain

この日は、ショパンソナタ三番と、お客様からのリクエストを中心に構成しました。

今回は、力まずに、スタンウェイの柔らかな響きを大事にして演奏してみました。

コントロールは大変ですが、今回はリハーサルでいい感触をつかめたので、そのいい流れ を使うことが出来ました。

毎回の演奏が、そうなればいいのですが・・。

そうなるよう頑張ります!

5月13大阪音大

f:id:mi-ta-score:20170516180554j:plain

f:id:mi-ta-score:20170516180555j:plain

ランチタイムコンサートに出演しました。

コンサート時間45分間、すべてお客様のリクエストのみでやりました。

いつもとは少し雰囲気は違います。こどもたちもたくさん聴いていただきましたが、音楽院の

受講生にふさわしく、『皇帝』『田園』などクラシックの名曲が多く出ました。

それにいつものようなポピュラー曲もあり、メドレーにするのはなかなか大変でした。

最初は勝手がわからなかったのか、少々かたい雰囲気でしたが、後半は、『六甲おろし』なども出て盛り上がりました