アヴェンヌ第九その1

12月22日、北新地近くのアヴェンヌ で開催されました。
今月上旬、三ノ宮ピアジュリアンであったのと同じく、
お客様参加型第九です。





和泉みんなの第九:

12月18に無事終わりました。スタッフのみなさんのご協力もあり、
滞りなく進行できました。
写真は第一部「モーツァルトの世界」のリハーサル風景です。


今回は特に弦楽器のアンサンブルが素晴らしかった。
第九ももちろんですが、モーツァルトのアンサンブルは本当にきれいでした。
個性派アーティスト五人がそれぞれの魅力を発揮されながら、
美しい音色を創っていく過程に立ち会える私は幸せでした。

ピアノ協奏曲も合唱も気持ちよく演奏できました。

声楽ソリスト陣も晴さんをはじめ、魅力的な音楽を聴かせていただきました。

第九合唱、今回いろいろなことがあり、
一般公募の合唱をつくりあげる難しさをあらためて感じましたが、
団員のみなさんの心が最後にはひとつになって、
いい演奏になったような気がします。

来年は新たな企画で12月17に開催予定です。
お楽しみに!
和泉市民のみなさまは「ちょいず」投票よろしくお願いいたします。





12月13西宮ガーデンズ

「やさしい女声コーラス」という中島恵美先生と私でやっている
カルチャーコーラスの講座発表会。
五回めを迎えました。
みなさん頑張っていい本番にしていただきました。


いわゆるカルチャーの団体、一般のコーラス団体と違って、
みなさんの意識はいろいろ。
それをうまくまとめた中島先生や、コーラスのメンバーの方々には
敬意を表したいと思います。

今回はミュージカルや唱歌メドレーなどを
なかなかのまとまりで演奏したと思います。



12月5日リーガロイヤルホテルチャペル

雑賀美可さん中心のクリスマスコンサート、今回も楽しく演奏させていただきました。 
雑賀さんワールドに私もお客様もひきこまれ、
あっという間の二時間半でした。
 
クラシックから、ミュージカル、クリスマスソングまで、
さまざまなジャンルの音楽を聴いていただきました。

私も「月光」や「ルーマニア民俗舞曲」
や「献呈」などをソロで気持ちよく弾かせていただきました。
お客様の呼吸を肝心ながら、
アンサンブルを含むすべての曲を演奏できた充実の一日でした。


岸和田高校にて

11月13に、同窓会主催の演奏会が開催されました。
卒業生をはじめ、合唱部や、生徒個人の演奏、
そして私も演奏させていただきました。

合唱部は、三年が抜け、さらに風邪が流行って欠席が多く少ない人数ながらも、
ピュアな演奏をしました。

ヴァイオリンの河端さん、久しぶりの私との共演でした。
のびのびと明るい音色で、こちらも楽しく演奏できました。

私のソロはショパン2曲、
今回大半のステージで演奏に関わらせていただいたおかげで、
集中力は大変でしたが、なんとか乗り切りました。

この演奏会、13回をむかえますが、
もっともっとたくさんの皆様に聴いていただいて、
岸和田高校の音楽系のみなさんの活躍に注目していただきたいところです。


10月19アヴェンヌ:

「第九練習ライヴ」と銘打って開催しました。

この日は、ソプラノの喬木有紀さんがお客様として来られ、
突然歌っていただきました。

「第九」も「落葉松」も素晴らしい演奏でした。 

私はシューベルトなども演奏させていただきました。

色々な音楽を通じて、秋の深まりを感じた一日でした。