読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュオフェスティバル

29日は、いずみホールでデュオフェスティバルに出演してきました。
共演は田所千恵さん、二台のピアノでラフマニノフの二番の協奏曲を弾いてきました。

第2楽章は私はオーケストラパート、
第3楽章は私はピアノソロパートを演奏しました。

第2楽章は、当然本来それぞれの部分で演奏される楽器をイメージして表現してみました。

本来二台ピアノ版の楽譜には書かれていない音も加え、
ペダリングなども即興的にいろいろアレンジしてみました。

3楽章は、いずみホールの響きのいい空間を最大限に生かすことを目標に、
「間」と「軽い音色」を大事に弾いてみました。
それも、共演者の田所さんが、素晴らしいアプローチをして頂いたおかげです。

特に、3楽章の後半のオーケストラパートとしてのアシストは
演奏していて気持ち良かった。
そして、逆に「ピアノ二台のアンサンブル」として、
まあまあ納得のいく表現に繋がったと思っています。

もちろん、これは10月14日に繋がることは言うまでもないことですが、
9月29日は、その日としてのベストの演奏が出来たと思っています。

この日は、コーラスのピアノを弾いて、
いずみホールでリハーサル、そのあと音大で講座をやって、
そのあと本番というハードスケジュールでしたが、
その条件と体力の中で演奏するという勉強をさせて頂きました。

田所千恵さんをはじめ、わざわざお越し頂きました皆さん、
ありがとうございました!


いつもこの曲の三楽章の残り4ページになると、終わりが見えます。
開放感と、音楽を演奏できる喜び、
そして、ワインとビールが浮かびました。

今回もすごく気持ちよく終われました!